読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やーまんぶろぐ

気が向いた時にだけ書くブログ

AWS EC2の情報をRuby/ERBを使ってHTMLとして出力する方法

AWS EC2の情報をERBを使ってHTMLを出力する方法をメモしておきます。

うまく表示してパラメータシートの代わりとして使えないかなーと思ってサンプルを作って見ました。
Javascript SDKで作るのがめんどくさかったので、慣れてるRubyで楽してしまいました。

出力した情報はDataTablesで表にして見やすくしています。
qiita.com

完成イメージ

AWS EC2の情報を表にして表示してます。各キーでソート、ページネーション、検索ができます。
f:id:yamano3201:20160919205842p:plain

ファイル作成

Gemfile, instance.rb, index.html.erbを用意します。

Gemfile

まずはGemfile

source :rubygems
gem 'aws-sdk', '~> 2'
gem 'aws_config'

instance.rb

ERBからHTMLを作成するrubyコードです。
EC2の情報を取得して、必要な情報を@arrayに格納してerbファイルに渡しています。

require 'erb'
require 'aws-sdk'
require 'aws_config'

def name(instance)
  instance.tags.select do |tag| tag.key == "Name" end.first.value
end

def id(instance)
  instance.instance_id
end

def type(instance)
  instance.instance_type
end

def status(instance)
  instance.state.name
end

def az(instance)
  instance.placement.availability_zone
end

def subnet_id(instance)
  instance.subnet_id
end

def security_group(instance)
  res = []
  instance.security_groups.each do |sg| res.push(sg.group_id) end
  res.join(", ")
end

def private_ip_address(instance)
  instance.private_ip_address
end

def public_ip_address(instance)
  instance.public_ip_address
end

Aws.config.update(
  :access_key_id     => "XXXXXXXXXXX",
  :secret_access_key => "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX",
  :region            => "us-east-1"
)

ec2 = Aws::EC2::Client.new

instances = []
reservations = ec2.describe_instances.reservations
reservations.each do |reservation| 
  instances.push(reservation.instances.first)
end

@array = []
instances.each do |instance|
  hash = {
           "Name" => name(instance),
	   "ID" => id(instance),
	   "Type" => type(instance),
	   "Status" => status(instance),
           "AZ" => az(instance),
           "SubnetID" => subnet_id(instance),
           "SecurityGroup" => security_group(instance),
           "PrivateIP" => private_ip_address(instance),
           "PublicIP"  => public_ip_address(instance),
         }
  @array.push(hash)
end

contents = ERB.new(File.read("index.html.erb")).result(binding)
erb = ERB.new(contents)
puts erb.result(binding)

index.html.erb

cdn.datables.netを読み込むだけで表が見やすくなるのが良いですね。
あとは@arrayで渡された値のkey, valueをeachで回して表示するだけ。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <link rel="stylesheet" href="https://cdn.datatables.net/t/bs-3.3.6/jqc-1.12.0,dt-1.10.11/datatables.min.css"/> 
    <script src="https://cdn.datatables.net/t/bs-3.3.6/jqc-1.12.0,dt-1.10.11/datatables.min.js"></script>
    <script>
        jQuery(function($){
            $("#foo-table").dataTable();
        });
    </script>
    <title></title>
</head>
<body>
    <table id="foo-table" class="table table-bordered">
        <thead>
            <tr>
            <% @array.first.keys.each do |key| %>
            <th><%= key %></th>
            <% end %>
            </tr>
        </thead>
        <tbody>
            <% @array.each do |info| %>
            <tr>
            <% info.values.each do |item| %>
            <td><%= item %></td>
            <% end %>
            </tr>
            <% end %>
        </tbody>
    </table>
</body>
</html>

実行コマンド

$ bundle install --path=vendor/bundle
$ bundle exec ruby instance.rb > index.html; open index.html

ちょっと雑に作ってますが、欲しい情報を整理してHTMLで表示させればパラメーターシートとして使えそうな気がしてきました。